読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録のような何か

何か += 備忘録( 日々のこと, 妄想, IT, DIY, 畑仕事 );

「もしドラ」

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読了。



図書館でふと見つけて借りてみました。
初版は2009年12月か。話題になってたのは知ってたけど、そんなに前だった?
時間の流れについていけてません^^;

ドラッカーの「マネジメント」は読んだことないけれど、
これ読んでちょっと読みたくなった。
組織を運営する上でのマネジメントの話だったけれど、
ブログの運営とかにも使えそうですよね。なんとなくw

  • 組織の定義づけ
    われわれの事業は何か。何であるべきか。

  • 顧客は誰か
    「われわれの事業は何か」の問いは、顧客と市場の観点から見て初めて答えられる。
    「顧客は誰か」を定義することで、組織が自らをどう定義するかがほぼ決まる。


まずは「顧客は誰か」を定義して、顧客を満足させるためには組織がどうあるべきかを定義しろってことですね。

つまり、このブログは自分の書きたいことだけ書いて、
読者が求めているものとか考えていないので人がこない、と。
うん、まあ、大半のブログはそうですよねw
(もし人を集めたいのであれば、)読者のことを考えよう!
ということであってる?

あとは、「組織の定義」に従ってマネジメントの進め方を
高校の野球部を例に書かれていて、分かりやすかったです。
現実でここまで上手く事は運ばんだろうと、
僕みたいなひねくれものは考えてしまうわけですがw

経営陣がどういう理論で動いているのかの一端が分かってくる気がするので、
管理職とか興味ないしーと思っている人(僕のことです)でも読んでおくといいかもね。

同じ作者の著書で「もしイノ」っていうのが最近発売されたっぽいです。
こっちも読んでみようかな?



(。・ω・)ノシ

広告を非表示にする